スポンサードリンク

最近の記事

  1. 手作りマヨネーズの作り方

    手作りマヨネーズの作り方 添加物なしの自家製マヨネーズ。 生卵を使う…

  2. 大寒の卵

    『大寒の卵』で健康と金運UP!2018年の大寒の日

    2017年の大寒は1月20日(金)です。「大寒の日に産んだ卵」(大寒の卵)を食べると・・・?

  3. 卵の構造

    卵の構造

    卵は卵殻(殻)、卵殻膜(薄皮)、卵白(白身)、卵黄(黄身)から出来ています。 …

  4. 白身と黄身を分ける

    黄身と白身を分ける方法

    白身(卵白)と黄身(卵黄)を分ける道具がありますが、持っていなくても大丈夫!黄身と白身を分ける方法をご紹介します。

  5. 新鮮たまご

    卵の食べごろ

    卵の食べごろってご存知ですか?料理によっては新鮮でない方がいいんです。

  6. 卵の殻の色

    卵の栄養

    ひよこが育つのに必要な栄養が詰まった卵。完全栄養食品と言われる卵ですが、足りない栄養素がある?

  1. 玉ねぎの卵とじ
  2. 茶碗蒸しの作り方とコツ
  3. 『卵を濾す(こす)』『溶き卵を濾す』とは
  4. フレンチトーストの作り方とコツ

ピックアップ記事

焼きメレンゲ菓子

焼きメレンゲ菓子の作り方・レシピ

焼きメレンゲは、口の中でふわっと溶けて、やさしい甘さがひろがるお菓子です。しっかりあわ立てて、ふんわりさっくりと焼き上げます。

スポンサーリンク

卵療法と美容のご注意とお願い

卵療法と美容のご注意とお願い<免責事項>です。

ご紹介した「卵の民間療法・美容」は、全て自己責任の範囲内でご使用・管理をお願いします。

ご使用の際、又はご使用後のトラブルに関して当方では一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

卵アレルギーのある方は向かないと考えられます。

また、お肌が敏感な方もそうでない方も、「卵の民間療法・美容」等をされた場合、かぶれ、湿疹などのアレルギー反応が起こることも考えられますので肌につける前に、必ずパッチテストをして下さい。

かぶれや湿疹が出た場合は、使用するのを止めて速やかに医師にご相談して下さい。

また、連続使用によってアレルギーを誘発する可能性もあるかも知れないのでご注意下さい。

ご紹介した卵の民間療法は、あくまでも古くからの伝承的なものや口伝的なもので医療ではありませんので、病気の時は専門の医師に診てもらってください。

ランキング

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。


料理初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 卵・豆腐料理へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る