卵のことわざ・慣用句

スポンサーリンク
タマゴたち

卵にまつわることわざ・慣用句を集めてみました。

卵に目鼻

卵に目鼻

卵に目鼻を付けたように、色白で丸くて可愛らしい顔立ちのこと。

 

丸い卵も切りようで四角

「物も言いようで角が立つ」と続けて言う。

物事はやり方や言い方次第で相手が受ける感じが変わり、円満におさまったり、角が立つこともあることから、やり方や言葉には気をつけねばならないということ。

 

卵の四角

あるはずのないことのたとえ。

 

卵を渉る

とても危険なこと。

 

卵で石を打ったよう

以卵投石(いらんとうせき)

無駄なこと、身の程知らず。

 

卵の殻で海を渡る

卵の殻で海を渡る

不可能なこと。

非常に危険なことをするたとえ。

 

卵で塔を組む

非常に危険なこと。

 

他人の親より自分の卵

他人の親より自分の卵

確実なこと。

 

卵を見て時夜を求む

時夜(じや)とは、明け方に鶏が時を告げること。

卵を見て時を告げることを期待する事から、ものの順序を考えず、せっかちに結果を求めることのたとえ。

 

啄木鳥の子は卵から頷く

生まれつき持っている才能は、早くから自然に現れるというたとえ。

 

鶯の卵の中のほととぎす

ホトトギスは、ウグイスの巣に卵を産み、ウグイスに育てさせることから、自分の子であって自分の子ではないことのたとえ。

 

卵の中にも巣守りあり

卵の中にも巣守りあり

兄弟の中にも厄介者がいるのは仕方のないこと。

 

危うきこと累卵のごとし

危うきこと累卵のごとし

累卵之危(るいらんのあやうき)

卵を積み重ねたように崩れやすく、ちょっとしたきっかけからも、すぐ悪い事態になりそうな危険な状態のこと。

 

コロンブスの卵

コロンブスの卵

誰でもできそうなことでも、あえて最初に行うことは難しいということ。

 

鶏が先か、卵が先か

鶏と卵、どちらが先にできたのか?説明のしようがない、堂々巡りなこと。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る