卵白パックの作り方と使い方


スポンサーリンク
卵の殻

本格的な卵白パックは卵白1個分を泡立てて・・・とありますが、殻に残った卵白をそのまま塗ってもいいです。

卵白を塗るだけなので超簡単で、お手軽にできます。 

お手軽卵白パック

料理に使ったあとの余った卵白や、卵の殻に残っている卵白を気になる部分に塗ります。
乾いたらぬるま湯で洗い流します。

あとは化粧水でOK!

 

卵白には、殺菌作用のある「リゾチーム」や保湿成分の「アルブミン」、角質除去効果のある「硫黄」など含まれていて肌のハリやシワ、美白、毛穴の引き締めに良いと言われているそうです。
目尻のあたりに塗っているとカラスの足跡とは無縁になっているかも!

卵料理をして2~3個分の卵の殻があれば顔全体1回分のパックはできますね。

 

ちなみに本格的な卵パックの作り方はこちら
 ↓ ↓

本格的な卵白パック

  1. 卵の白身だけを取ります。
  2. 洗顔用の泡立てネットで泡立てます。
  3. そのままマッサージをしながら洗顔に使うか、顔に乗せて10分くらい放置しておき、パリパリに乾く前にぬるま湯で洗い流します。

※注意!
・卵アレルギーの方はご使用にならない方が良いと思われます。
・必ずパッチテストをして下さい。

必読です↓


関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »