「卵‏黄と小麦粉のパック」の作り方と使い方


スポンサーリンク
卵

卵黄小麦粉の手作り自家製パックです。

肌がカサつくときや、ざらざらしている?と感じたときにオススメなのが卵と小麦粉の手作り自家製パック。

卵黄と小麦粉のパックの材料と作り方

卵黄パック

卵は卵黄のみ使います。

余った白身は焼きメレンゲを作ったり、かき玉汁にしてくださいね。

卵黄と小麦粉のパックの材料

※1回分
使う時に作ってください

・卵黄 1個分
・小麦粉大さじ 1~2

卵黄と小麦粉のパックの作り方と使い方

  1. 卵黄1個分に小麦粉大さじ1~2を振り入れて混ぜ、タレてこない程度水を加えます。
    これを顔に塗ります。
  2. しばらく置いて、顔が突っ張るように感じたらぬるま湯で洗い落とします。

後はいつもどおりのお手入れをします。

 

卵に含まれるレシチンとビタミンが肌によいそうです。

 

※注意!※
・卵アレルギーの方はご使用にならない方が良いと思われます。
・必ずパッチテストをして下さい。


関連記事

ピックアップ記事

たまご酒

卵酒の作り方~風邪のひきはじめに。風邪薬との併用は?

卵酒(玉子酒)は風邪の引きはじめにおすすめな民間療法です。身体が温まりますよ!失敗なしの作り方やコツ、子供向けの作り方、風邪薬との併用はできるか?


梅のあれこれノート

小梅のカリカリ醤油漬け、梅干し、白梅干し、梅酒、梅味噌ドレッシングなどの梅レシピや梅を使った美容と健康法、梅のお菓子などあれこれ紹介しています。

ページ上部へ戻る
Translate »