卵の栄養


スポンサーリンク

卵の殻の色

「完全栄養食品」と言われる卵。

卵には、ひよこが成長するのに必要な栄養がバランスよく詰まっています。

たんぱく質、ビタミンA・B1・B2・E・葉酸などのビタミン、カルシウム・カリウム・ナトリウム・リン・鉄分・亜鉛などのミネラル、脂質、コレステロールといった身体に不可欠な栄養素がバランスよく含まれた栄養の宝庫です。

ビタミンCや食物繊維が不足していますので、野菜など他の食材で補いましょう。

コレステロールを高くすると思われている卵ですが、卵に含まれる「レシチン」がコレステロールを除去するはたらきがあると注目されているます。

通常の卵の他に、「ヨード卵」「ビタミン強化卵」「DHA卵」など、特別に栄養価を高めた「栄養強化卵」もあります。

関連記事

ピックアップ記事

大寒の卵

『大寒の卵』で健康と金運UP!2020年の大寒はいつ?

風水では「大寒の日に産んだ卵」=『大寒卵』を食べると金運が上がると言われ、その一年はお金に困らないと言われているそうです。しかも、知人におすそ分けすると、さらに金運がUPするとか!

下ごしらえ辞典
下ごしらえ辞典
~料理の下ごしらえと基本とコツ~

料理初心者の方も、今更聞けない方も、手元にスマホがあればささっと調べられます。
よく使う野菜を中心に、乾物類やその他の食材の下ごしらえの方法をまとめました。


梅のあれこれノート

小梅のカリカリ醤油漬け、梅干し、白梅干し、梅酒、梅味噌ドレッシングなどの梅レシピや梅を使った美容と健康法、梅のお菓子などあれこれ紹介しています。

ページ上部へ戻る
Translate »