アイスクリンの作り方とコツ

スポンサーリンク
アイスクリン

アイスクリンは、アイスクリームと違って生クリームは使用せずに卵と牛乳と砂糖で作ります。甘さはお好みで。

ちょっとコクをだすためにコンデンスミルクを入れていますが、なくてもできます。
この場合口当たりがすっきりした感じに仕上がります。
その時は砂糖を増やしてください。

アイスクリンの材料

  • たまご  1個
  • 牛乳  1カップ
  • 砂糖  大さじ2
  • コンデンスミルク 大さじ1
  • あればバニラエッセンス  数滴

 

アイスクリンの作り方

  1. 材料を全てボウルに入れよくかき混ぜます。
    ミキサーがあれば1~2分の撹拌でOKです。
  2. ふた付きの容器に入れて凍らせます。
    シャリシャリに固まったら全体をスプーンなどで良くかき混ぜます。
    これを3回くらい行います。

 

アイスクリンの雑学

アイスクリンはアイスクリームの旧名ですが、アイスクリーム類乳製品に比べ、乳固形分・乳脂肪分の割合が小さく、氷菓に分類されます。

1860年(万廷元年)幕府の遣米使節団が渡米先でアイスクリームを食べたのが、日本人のアイスクリーム初体験。

そのときの使節団はアイスクリームを「あいすくりん」と呼んだそうです。

1869年(明治2年)、横浜の馬車道で町田房造氏が「あいすくりん」を販売しました。

昭和40年頃には、全国でアイスクリンは販売されていましたが、現在では高知県や沖縄県などの一部の地域で販売している状況です。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る